大五運送株式会社は、女性の職業生活における活躍の推進に取り組むため
仕事と家庭の両立を妨げる大きな要因となっている長時間労働の排除を目指し
「一般事業主行動計画」を策定しましたので下記の通り公表致します。

                 記

1.計画期間
        平成28年11月28日 ~ 平成33年3月31日

2.当社の課題
  ・長時間労働自体が勤勉の証と見做される傾向が強かった。
  ・時間当たりの労働生産性よりも、出来上がり成果物の総量に目が行きがちで
   あり、そのため業務プロセスの見直しやマネジメントへの注力が不足していた。

3.目標
  ・社員別残業時間をMAX、月80時間以内とする。
  ・残業時間が全社平均で45時間を上回る月をなくす。

4.取組内容
  ・組織のトップからの長時間労働是正に関する強いメッセージの発信
  ・組織全体・部署ごとの数値目標の設定と徹底的なフォローアップ
  ・時間当たりの労働生産性を重視した人事評価
  ・チーム内の業務状況の情報共有/上司による業務の優先順位付けや業務
   分担の見直し等のマネジメントの徹底