csr2015_logo01
csr_image01

大五運送株式会社では、運輸業務を通じて日頃からお客様や社会に貢献できるようCSR活動を実施しております。

csr_ban01

当社は物流業を行うものとして、大事なお客様の荷物を安全に目的地にお届けする使命と義務があることを深く認識し、率先して道路交通に関連する法令を遵守し、安全運転の見本となる先導者の役目を担っていくことを目指します。

第一に、「加害者と被害者がゼロになるように」全社員、共有の思いとして定着する事を目指していきます。

安全、環境対策はもちろんのこと、事故「0」は永遠の課題であることに間違いはありません。

「幸」から「辛」の思いにならない為に。

  • 日頃から「安全五訓」に心がけ、安全運転の先導者として事故のない安全輸送を提供します。
  • 過去に起こった事故の教訓を踏まえ、事故撲滅のために目標を設定し、具体的な安全対策を実施します。
  • 道路交通安全に関する法令やルールは当社の基本事項として厳守します。
  • 初心を忘れないとともに、RTSマネジメントシステムの継続的改善に心がけ、着実に道路交通安全の向上に努めて参ります。
  • 道路交通安全方針は、従業員に周知徹底するとともに、外部の方々にも公表します。

anzengokun01

csr_ban02

RTS目標

1.道路交通事故による死亡・重傷者の撲滅

重大事故 ゼロ件

2.有責事故   20%削減

①交差点事故の削減

②車両故障事故の削減

③健康起因事故の削減

有責事故 前年20%減 14件/年(前年実績 18件)

 

RTS詳細目標

1.指差呼称の徹底

右左折時の巻込み、右左折時や横断歩道手前での徐行、出入口進入時、一旦停止場所での一時停止等の確認を
しっかりと行う必要がある状況にて、指差呼称の徹底をする。

2.社速の厳守

社速として 一般道(バイパス含む):法定速度

高速道:80km/h

と設定すると共に、その順守状況を運行記録計により監視し、速度違反者については、指導を実施する。
【指導実施率100%】

3.日常点検の充実

月次車両点検の管理者による実施と日常点検簿の確認

日常点検の教育

4.リフト事故の削減

前年比 20%削減

浅爪、スピード超過、前進走行等注意する。

定期巡回・安全講習の実施

5.健康管理の徹底

健康診断項目として睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断を加え、簡易検査で精密検査が必要とされた者は精密検査を
受診させる。

点呼時に健康に関して異常が無いか確認を徹底する。【受診率100%】

 

【一般事業主行動計画】

 大五運送株式会社の従業員全員が、仕事と子育てを両立をしながら働けるように支援するため、
次のように「一般事業主行動計画」を策定致しましたので、下記の通り公表致します。

計画期間
平成27年4月1日 から 平成32年3月31日までの 5年間

次世代育成支援対策の内容として定めた事項

<目標1>  育児・介護休業法に基づく育児休業、雇用保険法に基づく育児休業給付、
労働基準法に基づく産前産後休業の諸制度の周知
<対策1>  諸制度の内容を整理して掲示板にて周知する

<目標2>  出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施
<対策2>  希望者があれば受け入れる

<目標3>  若年層に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供、トライアル雇用を通じた雇い入れ、
適正な募集・採用機会の確保、その他雇用管理の改善又は職業訓練の推進
<対策3>  職場体験を今後も継続的に受け入れる
ハローワークに対してトライアル雇用で募集する

 

【女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画】


大五運送株式会社は、女性の職業生活における活躍の推進に取り組むため
仕事と家庭の両立を妨げる大きな要因となっている長時間労働の排除を目指し
「一般事業主行動計画」を策定しましたので下記の通り公表致します。

1.計画期間
平成28年11月28日 ~ 平成33年3月31日

2.当社の課題
・長時間労働自体が勤勉の証と見做される傾向が強かった。
・時間当たりの労働生産性よりも、出来上がり成果物の総量に目が行きがちで
あり、そのため業務プロセスの見直しやマネジメントへの注力が不足していた。

3.目標
・社員別残業時間をMAX、月80時間以内とする。
・残業時間が全社平均で45時間を上回る月をなくす。

4.取組内容
・組織のトップからの長時間労働是正に関する強いメッセージの発信
・組織全体・部署ごとの数値目標の設定と徹底的なフォローアップ
・時間当たりの労働生産性を重視した人事評価
・チーム内の業務状況の情報共有/上司による業務の優先順位付けや業務
分担の見直し等のマネジメントの徹底